テーマ:大分

豊後牛カレー

単身赴任の寂しい夕食。 666食目のご当地レトルトカレーは、「豊後牛カレー」 大分県のブランド牛肉「豊後牛」を贅沢に使用した、スパイス香る本格派のカレーです。 おおいた豊後牛は大分の恵まれた自然の中で育まれ輝かしい歴史と実績を持つ牛肉の最高傑作です。その肉質は風味豊かでまろやかでとろけるような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおいた冠地どりカレー

単身赴任の寂しい夕食。 658食目のご当地レトルトカレーは、「おおいた冠地どりカレー」 大分県のブランド地鶏「おおいた冠地どり」を贅沢に使用した、スパイス香る本格派のカレーです。 おおいた冠地どりとは、国内初の烏骨鶏をかけあわせた地鶏で、優れた旨味と柔らかさが特長です。 手羽元の旨味がカレーと絡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くにさき姫だこカレー

単身赴任の寂しい夕食。 649食目のご当地レトルトカレーは、「くにさき姫だこカレー」 大分県のブランドたこ「くにさき 姫だこ」を贅沢に使用した、スパイス香る本格派のカレーです。 姫田子は、タコつぼ量で漁獲され、潮流の激しい国東の海で育つため、身がしっかりと引き締まり、足が短くて太いのが特徴の旨みあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分しいたけカレー

単身赴任の寂しい夕食。 642食目のご当地レトルトカレーは、「大分しいたけカレー」 大分県の原木栽培「乾ししいたけ」を贅沢に使用した、スパイスが香る、だしが旨い本格派のカレーです。 原木栽培 乾ししいたけ生産量が日本一の大分県。緑豊かな山々に恵まれたふるさと大分ならではの本場の乾ししいたけの旨みを活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分県産かぼす使用 かぼすカレー

単身赴任の寂しい夕食。。 494食目のご当地レトルトカレーは、 「大分県産かぼす使用 かぼすカレー」 大分県特産のかぼすと6種類のベジブロスからとった出汁を. ベースにトマト・玉ねぎ・スパイスでカレーに仕上げたかぼす. の爽やかな香りと程よい酸味がおいしいカレーです。との事。 さらに外箱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和牛に湯布院牛は紙切れの様な厚さ 大分湯布院牛 ビーフカレー

単身赴任の寂しい夕食。 448食目のご当地レトルトカレーは、 「大分湯布院牛 ビーフカレー」 大分・湯布院牛と野菜をじっくり煮込んだ、ゆふいんビーフカレーとの事。 外箱なしのレトルトパウチ単品で販売されていました。 過去の類似商品から、このレトルトパウチのデザインを見ただけで、トッピングを用意 案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分湯布院牛ビーフカレー

単身赴任の寂しい夕食。 212食目のご当地レトルトカレーは、「大分湯布院牛ビーフカレー」。 大分 湯布院牛と野菜をじっくり煮込んだカレーとの事 レトルトパウチを開けてみると、小さなジャガイモがいくつも 食べてみると、牛スジ肉の様な牛肉をいくつか発見。 カレーソースは、中辛程度。 野菜と肉のうまみが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全都道府県制覇2回目のカレー 大分県黒毛和牛 豊後牛カレー

単身赴任の寂しい夕食。 182食目のご当地レトルトカレーは、「大分県黒毛和牛 豊後牛カレー」 大分県内で大切に育てられた豊後牛を使用して、コクのある辛口カレーに仕上げましたとの事。 レトルトパウチを開けてみると、水分は少なく、カレールゥの割合が多いと感じられるカレーソース。 食べてみると、カレーソースは多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレー味の乾しシイタケは美味しかったが、実は群馬の桐生産だった 大分の顔 豊後きのこカレー

単身赴任の寂しい夕食 38食目のご当地レトルトカレーは、「大分の顔 豊後きのこカレー」。 カレーで味付けた乾しシイタケ、初めて食べたのですが、柔らかくて美味しい。 今までの、和食の煮物に出てくる乾しシイタケとは、イメージが全く違う食べ物でした。 シイタケの香りとカレーの香りの両方が味わえまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more