テーマ:京都

キンシ正宗 京仕込み吟醸 酒粕カレー

単身赴任の寂しい夕食。 765食目のご当地レトルトカレーは、キンシ正宗 京仕込み吟醸 酒粕カレー 天明元年 京都に生まれ、酒処・伏見に育ち二百有余年 京の名水が豊かに湧きだす「桃の井」「常磐井」に恵まれ、創業以来丹精込め「至高の一滴」を造り続けてきた老舗「キンシ正宗」 名水仕込みの銘酒の酒粕を贅沢に使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の鳥どころ八起庵 京風鶏カレー

単身赴任の寂しい夕食。 656食目のご当地レトルトカレーは、「京の鳥どころ八起庵 京風鶏カレー」 京都の鳥料理専門店、京の鳥どころ八起庵の京風鶏カレーは和風だしと一緒に 煮込むことでやわらかな出汁の風味、カレーの旨みそして隠し味の一味唐辛子を入れることで薫り豊かな味わいに仕上がりました. との事。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞鶴赤煉瓦カレー

夫婦でランチ。 602食目のご当地レトルトカレーは、 「舞鶴赤煉瓦カレー」 まいづるの赤煉瓦倉庫群 舞鶴市は、明治34年に海軍舞鶴鎮守府が設立され、初代長官として東郷平八郎が赴任し、現在の東舞鶴の原型となるまちづくりを行いました。 現在でも、明治から大正にかけて建造された赤煉瓦の建築物が130余残って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞鶴発 金曜日はカレーの日 舞鶴軍艦カレーパン

単身赴任の寂しい朝食 番外編 「舞鶴発 金曜日はカレーの日 舞鶴軍艦カレーパン」 牛すじと野菜の甘みの組み合わせの昔懐かしい味わいのカレーを包みました とのこと まずは半分にして、中身のカレーを確認 具としてジャガイモは確認 食べてみると、辛さ、スパイスは感じず、家庭的なカレーの味。 牛すじは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の九条のねぎのグリーンカレー

単身赴任の寂しい夕食。 540食目のご当地レトルトカレーは、 「京の九条のねぎのグリーンカレー」 ぎゅーと濃くて質の良い九条ねぎ入りだから出せる風味と、カレーの微妙なハーモニーをお楽しみください との事 レトルトパウチを開けてみると、緑色のグリーンカレーが出てきました 原材料をみると、トップに、ほうれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治屋ストアー 京都三條カリー ビーフ

単身赴任の寂しい夕食。 434食目のご当地レトルトカレーは、 「明治屋ストアー 京都三條カリー ビーフ」 ビーフ、山椒入り 中辛との事。 明治屋ストアー推奨品のカレーで、製造元は、アーデン という訳で、外箱から出てきたレトルトパウチには、アーデン製特有の、レトルトパウチの仕組みが印刷。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都雲月 八味仙の辛みカレー

単身赴任の寂しい夕食。 388食目のご当地レトルトカレーは、「京都雲月 八味仙の辛みカレー」。 「京都玄塚の料亭「雲月」の技法に習い、吟味した素材を使用し、調理しました。 八味仙は、10種類の香辛料を雲月家伝の配合で石臼挽きした辛味香辛料です」との事。 外箱を開けてみると、アーデンで製造される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しば漬付京風カレー おつけもんとカレーどす

単身赴任の寂しい夕食。 190食目のご当地レトルトカレーは、「しば漬付京風カレー おつけもんとカレーどす」。 6月は、ちょっと変わった食材を使ったカレーということで、第4弾です。 だしの効いた京風カレーに、しば漬を入れて食べるカレーとの事。 外箱を開けると、中には、レトルトカレーと、しば漬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京野菜カレー

単身赴任の寂しい夕食。 102食目のご当地カレーは、「京野菜カレー」。 京都野菜の、聖護院大根・京人参・京洛西竹の子が、薄く短冊切りされた具として入ったカレーでした。 野菜カレーということで、野菜が一杯入ったカレーかなぁとイメージしていたのですが、ちょっと期待はずれでした 商品名 京野菜カレー 販…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の料亭のカレー 「京都 雲月 山椒が薫るカレー」

単身赴任の寂しい夕食 54食目のご当地レトルトカレーは、「京都 雲月 山椒が薫るカレー」。 京都の料亭「雲月」の技法に習い製造したカレーとの事です レトルトパウチを開けると山椒の香りが 具の量が多い。 容量200gの多くが具と言う感じで、汁は少ない。 とろみが無く、和食の牛肉のカレー煮という様な感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more