テーマ:北海道

五島軒 函館フルーティカレー

単身赴任の寂しい夕食。 685食目のご当地レトルトカレーは、「五島軒 函館フルーティカレー」 北海道函館市にある老舗洋食店、五島軒が販売しているレトルトカレーです。 外箱を開けてみると、五島軒オリジナルのイラストと調理方法が記載されたレトルトパウチが。 外箱の説明書きによると、 もも・マン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道ホタテカレー

単身赴任の寂しい夕食。 678食目のご当地レトルトカレーは、「北海道ホタテカレー」 北海道産帆立100%使用 北海道産の帆立と北海道産の玉ねぎをじっくり煮込みました。 帆立と玉ねぎのコクと旨味の引き立つホタテカレーです。 とのこと。 レトルトパウチを開けてみると、どろりとしたなカレーソースが 食べてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富良野市場 じゃがいもと厚切り豚バラのポークカレー

夫婦でランチ 665食目のご当地レトルトカレーは、富良野市場 じゃがいもと厚切り豚バラのポークカレー。 何と、富良野地方卸売市場と、市場が販売しているレトルトカレーです。 レトルトカレーの販売者、各種団体や自治体、鉄道会社の事例はこれまでありましたが、卸売市場が販売するレトルトカレーは初めて。 長期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地元で人気 札幌パキスタンカレー

単身赴任の寂しい夕食。 644食目のご当地レトルトカレーは、「地元で人気 札幌パキスタンカレー」 北海道産鶏肉を野菜とトマトでオイル煮にしました。スパイスの香りと食材の旨みに加え、鶏肉の素材感を楽しめる、味わい深いスパイシーなカレーです。 北海道の地元民が足繁く通う人気店をモチーフに仕立てました。 こだわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の農協が販売 幻のジャガイモが入った 十勝めむろカレー

単身赴任の寂しい夕食。 613食目のご当地レトルトカレーは、「十勝めむろカレー」 幻のジャガイモ マチルダ がゴロっと入った、ビーフマイルドカレー 北海道・十勝めむろの特産じゃがいも【マチルダ】は、甘みとホクホク感が特長。 そんなはがいもがゴロっと入った食べごたえ満点のカレー。 じっくり仕上げのカレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道 じっくり煮込んだビーフカレー

夫婦でランチ。 593食目のレトルトカレーは、 「北海道 じっくり煮込んだビーフカレー」 北海道産和牛を使用とのこと レトルトパウチを開けてみると、北海道和牛は・・・・・・・。 カレーソースのみが入っているような状況 食べてみると、独特の香りのあるカレーソース。スパイスは弱めで辛さはそれほど感じず 牛肉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAきたみらい 玉ねぎと牛すじのカレー

単身赴任の寂しい夕食。 585食目のご当地レトルトカレーは、「JAきたみらい 玉ねぎと牛すじのカレー」 JAきたみらい地域内で生産された玉ねぎが生み出す甘味とコク、とろとろになるまでじっくり煮込まれた北海道産のすじ肉の絶妙なコラボレーションをお楽しみください とのこと レトルトパウチを開けてみると、濃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五島軒 函館港町カレー

単身赴任の寂しい夕食。 572食目のご当地レトルトカレーは、「五島軒 函館港町カレー」 北海道 函館の老舗レストラン、五島軒が販売しているレトルトカレーシリーズの一つです。 海老、いか・あさり貝 新鮮な海の幸とマッシュルームを完熟トマトと伝統シースで煮込んだマイルドでコクのあるシーフード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道十勝若牛のカレー

夫婦でランチ。 515食目のレトルトカレーは、「北海道十勝若牛のカレー」 「十勝和牛」は、北海道十勝清水町の牧場で限定生産されているブランド牛肉です。 独自の飼育管理により生後「約14か月」で出荷されることで、肉質はとても柔らかく味わい深い牛肉です。 との事。 外箱を開けてレトルトパウチを触ってみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

るるぶ×Hachiコラボカレーシリーズ 北海道ミルクカレー

単身赴任の寂しい夕食。 427食目のご当地レトルトカレーは、 「るるぶ×Hachiコラボカレーシリーズ 北海道ミルクカレー」 大地震に見舞われた北海道。 今夜は食べて応援しようと、このカレーを選びました 抜群の知名度を誇る旅行ガイドブックの決定版「るるぶ」と日本初の国産カレー粉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAふらの 富良野ブラックカレー ポーク

単身赴任の寂しい夕食。 412食目のご当地レトルトカレーは、「JAふらの 富良野ブラックカレー ポーク 」 玉ねぎ、トマト、にんにくと、とろとろ煮込んだポークを使用し、バターで深いコクを出しました。 化学調味料不使用の香り高い中辛のカレーですとの事。 外箱を開けてみると、レトル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗谷沖で獲れ、稚内港で水揚げされたたこ使用 たこカレー

単身赴任の寂しい夕食。 398食目のご当地レトルトカレーは、「宗谷沖で獲れ、稚内港で水揚げされたたこ使用 たこカレー」 外箱の裏には、 宗谷地方では、戦後よりたこ漁が盛んで、昔は肉の代わりにタコを入れたカレーを食べていました。 今でも一般家庭では、たこの入ったカレーがよく食べられています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンギスカンカレー(羊肉カレー)

単身赴任の寂しい夕食。 391食目のご当地レトルトカレーは、「ジンギスカンカレー(羊肉カレー)」 羊の絵がデザインされた紙袋の中に、レトルトパウチが入っていました レトルトパウチを開けてみると、こってりとしたカレーソース。 食べてみると、時間をおいてから口の中が辛くなるカレーソース。 羊肉は、柔らかい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濃厚 北海道ホワイトシーフードカレー

単身赴任の寂しい夕食。 351 食目のレトルトカレーは、「濃厚 北海道ホワイトシーフードカレー」 北海道産牛乳・生クリーム使用 大自然に恵まれた北の地「北海道」の帆立、いか、ジャガイモ等の食材を厳選しじっくり時間をかけて特製のルーで仕上げたホワイトカレーです。 とのこと。 レトルトパウチを開けてみると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道道産豚の角煮カレー

単身赴任の寂しい夕食。 315食目のご当地レトルトカレーは、「北海道道産豚の角煮カレー」 外箱の裏の解説によると 北の料理人「斉藤正美」 数々の有名店のカレーをレトルト食品にて再現してきた味作りの達人。 北海道産の豚肉を醤油とみりんで煮込んで角煮を作り北海道産玉ねぎとりんごを加えたカレーソースに合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の料理人 斉藤正美監修 北海道 道産牛の牛すじカレー

単身赴任の寂しい夕食。 291食目のご当地レトルトカレーは、「北の料理人 斉藤正美監修 北海道 道産牛の牛すじカレー」 北海道産の牛すじをやわらかくなるまで煮込み、北海道産玉ねぎとバターを加えたカレーソースと合わせ、じっくりと煮込みました。素材の美味しさを引き出すために手間ひまをかけた、とろける牛すじのコク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館の老舗 五島軒の 函館・挽肉カレー

単身赴任の寂しい夕食。 284食目のご当地レトルトカレーは、「函館・挽肉カレー」。 北海道函館市にある老舗の洋食店、五島軒風キーマカレーとのこと。 このカレー、北海道新幹線が開業した翌日に、函館駅前のイベント会場で、五島軒がお土産用に直売していたカレーです。 1年半、手元で寝かしてしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌の名店 マジックスパイス スープカレー

単身赴任の寂しい夕食。 242食目のご当地レトルトカレーは、「マジックスパイス スープカレー」。 札幌市白石区に本店のある、札幌で大人気のカレー専門店のカレーとの事。 特製のペーストと、スパイスミックスで辛さを調整するとの事で、レトルトパウチとは別に2つのスパイスの袋が入っていました。 レトルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚岸 秋刀魚カレー

単身赴任の寂しい夕食。 231食目のご当地レトルトカレーは、「厚岸 秋刀魚カレー」。 北海道産の獲れたての秋の味覚、さんまをスパイシーなカレーでお楽しみくださいとの事。 レトルトパウチを開けてみると、サンマの缶詰と同じような、魚の香りが。 サンマは1/2匹程度の分量で、大きな塊は、大根。 カレーに大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道名産 たらばがにカレー

単身赴任の寂しい夕食。 225食目のご当地カレーは、「北海道名産 たらばがにカレー」。 レトルトパウチを開けてみると、カニの身がいくつも。 カレーソースが付いてしまっているので、外箱の写真の様に蟹の身が目立ちませんが、食べていると蟹の身に当たるという感じ。 カレーソースには野菜が使われているとの原材料表示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スープカレーと海鮮カレーの2つが一度に楽しめる 函館五島軒海鮮カレー

単身赴任の寂しい夕食。 217食目のご当地カレーは、「函館五島軒海鮮カレー」。 「新鮮な海の幸を伝統のじっくり煮込んだカレーソースとともに」 とのキャッチコピーが。 前回の日光金谷ホテル百年ライスカレーと同じように、具とカレーソースのレトルトパウチの2つが箱に入っているカレーです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100Kcalというカロリーの少なさ 北海道野菜のビーフカレー

夫婦でランチ。 211食目のレトルトカレーは、「北海道野菜のビーフカレー」。 「角切りビーフと炒め玉ねぎの旨味を溶け込ませ、コク深く丁寧に仕上げました」 とのこと。 レトルトパウチを開けてみると、角切りの人参、ジャガイモ、牛肉が カレーソースは煮込んであり、美味しい味わい 189円という購入価格を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタテ1個は少ない様な 札幌スープカリー 木多郎 帆立

単身赴任の寂しい夕食。 210食目のご当地レトルトカレーは、「札幌スープカリー 木多郎 帆立」。 1985年から札幌市南区澄川で営業している、スープカリーの専門店のレトルトカレーとの事 レトルトパウチを開けてみると、カレースープの中に、帆立、マッシュルーム、ニンジンが スープは、トマトベースの、コクの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌スープカリー 木多郎 ハンバーグ

単身赴任の寂しい夕食。 206食目のご当地レトルトカレーは、「札幌スープカリー 木多郎 ハンバーグ」。 1985年から札幌市南区澄川で営業している、スープカリーの専門店のレトルトカレーとの事 レトルトパウチを開けてみると、カレースープの中に、ハンバーグ、マッシュルーム、ニンジン、ジャガイモが 食べてみると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

具が少ないのが気になるなぁ 五島軒監修カレーパン

番外編です 各種レトルトカレーを販売している、北海道の函館の老舗洋食店、五島軒の監修するカレーパンが、JR東日本の駅中コンビニ ニューデイズで期間限定で販売されていましたので購入してみました。 「北海道産のジャガイモ・人参・玉ねぎを使用したコクのあるカレーを包みました」とのこと。 食べる前に具の量をチェックするため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパイシー生つくねカレー

単身赴任の寂しい夕食。 188食目のご当地レトルトカレーは、「スパイシー生つくねカレー」。 6月は、ちょっと変わった食材を使ったカレーということで、第2弾です。 函館のレストラン五島軒伝承のカレールーに、北海道産若鳥の旨さが際立つ札幌の炭火居酒屋炎の名物生つくねと北海道産の野菜たっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漁協が販売者 北海道羽幌 甘えびカレー

単身赴任の寂しい夕食。 169食目のご当地レトルトカレーは、「北海道羽幌 甘えびカレー」。 二歩に一の漁獲量を誇る、北海道羽幌の甘えびを使用し、コクのある濃厚な旨味をルウに閉じ込めましたとの事。 外箱の写真を見て、大きな野菜の中に、甘エビが入っているカレーと言うイメージを持って、レトルトパウチを開けてみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道厚岸産 カキスープカレー

単身赴任の寂しい夕食。 161食目のご当地レトルトカレーは、「北海道厚岸産 カキスープカレー」。 新鮮な海のミルク、牡蠣を投入したスープカレーとのこと。 レトルトパウチを持ってみると、大きな塊がいくつも。 これはと思い、期待して開けてみたらガックリ。 大きな塊は、ジャガイモとニンジン。 牡蠣は2つ入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶏肉と玉ねぎも道内産 ふらの産トマトのチキンカレー

単身赴任の寂しい夕食。 119食目のご当地カレーは、「ふらの産トマトのチキンカレー」。 今年は酉年ですので、チキンカレー第7弾です。 富良野産のトマトと北海道産の鶏肉・玉ねぎでじっくり煮込んだカレーとの事。 レトルトパウチを開けると、スープカレーレベルの、カレーソースが。 細かく刻まれた鶏肉と野菜が入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日高山脈の麓、北海道日高支庁沙流郡平取町のご当地カレー 「びらとり和牛カレー」

11月は、(予算の都合上!?)値引で購入したカレーを特集しています。 単身赴任の寂しい夕食 89食目のご当地カレーは、「びらとり和牛カレー」。 北海道日高山脈の麓、北海道日高支庁沙流郡平取町で育った黒毛和牛をあぶり焼きにし、肉の旨味を閉じ込めたカレーとの事。 レトルトパウチを開けると、大きな肉の塊がいくつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more