番外編 中国ラーメン 揚州商人のカレータンタンメン

DSC_6555.JPG


番外編 中国ラーメン 揚州商人のカレータンタンメン


単身赴任の寂しい夕食番外編 中国ラーメン 揚州商人のカレータンタンメン


東京・千葉・埼玉・神奈川の路面店を中心に35店舗展開している、中国ラーメン 揚州商人

その本店が、目黒駅の近くにあるとのことで、単身赴任の移動タイミングを利用して行ってみました。

公式WEBによると1990年7月 中国ラーメン 揚州商人 目黒本店営業開始との事。

オープンして約30年、目黒駅から、権之助坂を下って行った左側にお店があります。

この目黒店、過去に数回、入ったことがあるので、迷わずに現地に到着しました。


店の入口は狭くて奥が深い。

チェーン店の本店と言うよりは、街の個人営業の中華屋さんという雰囲気。


店内は狭くてカウンター席のみ

厨房には女性スタッフが2名

二人で調理から会計まで全部こなしていました。

そんな小さな雰囲気のお店です


今回は食べたことのなかった、カレータンタン麺を注文

柳麺(細麺)・刀切麺(生地を伸ばして刀で切る麺)・中太麺から選べるとの事で、刀切麺を注文

食べてみると、コシのある麺でした。ちょっとボリュームは少ないかなぁ

カレータンタンメン、タンタンメン麺のスープにカレー粉を入れたような感じのスパイシーな味わいのスープ。

具は、豚挽き肉・ほうれん草・ザーサイが入っていました

980円にしては、ちょっとボリュームが少ないかなぁ


会計時にスタッフに聞いて見たら、小さな趣のある雰囲気の本店にしているとの事。

こんな小さな店舗から35店舗に広げていったんだと思うと、本店に行ってみた甲斐があるなぁと感じました


店名 中国ラーメン 揚州商人 目黒本店

住所 東京都目黒区目黒1丁目6−16 明洞ビル1F

交通 JR山手線・東京メトロ:都営地下鉄・東急 目黒駅 徒歩約3分

訪問日 2020年2月16日


PS

中国ラーメンのお店なのに、明洞ビル。明洞と言えば韓国ソウルの繁華街の地名

2階は、焼き肉店が入っていました


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント