1時間並ぶとは 番外編 秋葉原 麺屋はるか カレー台湾まぜそば

DSC_4679.JPG

単身赴任の寂しいランチ番外編
自宅から単身赴任先への移動タイミングを利用して、秋葉原の電気街 中央通り沿いの地下にお店はありました。
DSC_4680.JPG
店の前に行ってみると、行列が
この行列が判り難い
DSC_4681.JPG

店の入口の地下に降りる階段から後に並ぶ人は、歩道を挟んだ道路側に並ぶように注意書きが
外国人観光客が多い街なのに、説明書きは日本語のみ。
歩道が混雑しているタイミングに、説明書きが判らない外国人観光客が並んでしまったような
そんな訳で、列に並んでから、カレー台湾まぜそばを食べるまで1時間かかりました。

地下に降りると券売機があり、食券を購入後、さらに並んで、席に案内。
調理している様子を見ていると、完全にマニュアル化されている模様
麺をゆでる時間は、タイマーで管理
麺を丼に入れてから、かき混ぜる回数は、どのスタッフも同じ
盛り付けは、作業標準的な写真が用意されているのが見えました
これなら、バイトでも調理できるのかなぁ
DSC_4693.JPG

出てきた丼を見ると、麺にかかっているスープがカレー色
その上に、挽肉、生卵、ネギ等が乗っている
それを、かき混ぜてみるとこんな感じ
DSC_4694.JPG

食べてみると、大変スパイシーな味わいのカレー味
キーマカレーに太麺のラーメンが入っているという感じです
DSC_4695.JPG

最後に、追い飯を注文
ご飯をどんぶりに、少し入れてくれました
これで、どんぶり内の具とカレー味のスープは、全部混ぜて食べ終わりました

1時間、並ぶ価値のある、まぜそばでした

麺屋はるか 秋葉原本店
東京都千代田区外神田3-13-7
田中無線電機ビル地下1階
カレー台湾まぜそば 並 880円

特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド [ 高橋敏也 ] - 楽天ブックス
特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド [ 高橋敏也 ] - 楽天ブックス

秋葉原 裏の歩き方
秋葉原 裏の歩き方

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント