観光協会が販売者のレトルトカレー 播州福崎 かっぱカレー

画像


画像


画像


単身赴任の寂しい夕食。
544食目のご当地レトルトカレーは、 「播州福崎 かっぱカレー」
尻子玉(うずらの卵)入りとのこと
箱の裏面には、フィクションの河童についての物語が記載されていますが、かっぱとカレーに関連する記載はなし。
レトルトパウチを開けてみると、うずらの卵が4個出てきました。
カレーソースは、ジャガイモが溶け出して、どろそろ感たっぷり。
辛さはそれほどでもない。
価格の割に、具が、うずらの卵くらいとは・・・・。
うずらの卵入りのレトルトカレー、初めて食べましたので、それなりの開発費がかかっているのかもしれませんが。

箱の裏面をよく見ると、
販売者 福崎町観光協会
製造者 ベル食品工業
間の橋渡し的な存在として、ご当地カレー開発業者のオフィスシン
ここから察するに、観光用のお土産品のカレーと察せられます
という私も、千葉県佐倉市にある、国立歴史民俗博物館で開催された企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」の関連の販売品で購入したものでした。
まぁ珍しい、お土産品なんですね

福崎町、播但線の沿線、行ってみようかなぁ

商品名 播州福崎 かっぱカレー
販売者 福崎町観光協会(兵庫県神崎郡福崎町)
製造者 ベル食品工業 (大阪市鶴見区)
購入先 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)での特別販売
価格  648円

楽天・アマゾンともに販売無
この福崎町観光協会、妖怪のプラモデルなんて販売しているとは
商魂たくましい


福崎町観光協会 福崎町妖怪プラモデル 河童のガジロウ プラモデル(ZP49052)
でじたみん 楽天市場店
発売予定日発売中!メーカー福崎町観光協会登場作品---商品詳細地方自治体初のプラモデル発売!民俗学者


楽天市場






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック