わたらせ渓谷鐵道カレー

画像


画像


画像



単身赴任の寂しい夕食。
444食目と、ぞろ目回数のご当地レトルトカレーは、 「わたらせ渓谷鐵道カレー」
私、わたらせ渓谷鐵道の前身の足尾線に嫌われているのか、足尾線時代に足尾線に乗車しようと桐生まで来たものの、雨規制で運転見合わせ。
その後も、乗れなかったりと、444と嫌われているのでしょうか?。
そんなわけで、444番目のカレーに選びました。

群馬県桐生市・群馬県みどり市・栃木県日光市を結ぶ、第三セクター鉄道が、駅施設や列車内等で販売しているレトルトカレーです

群馬県産やまと豚使用。ポストカード入りとの事。
表面は、紅葉の中を行くディーゼル機関車DE10牽引のトロッコ列車の写真が
箱の裏には、「車窓から大自然を見渡せる”わたらせ渓谷鐵道”」ということで、鉄道の説明が
カレーについての説明書きがない。
わたらせ渓谷鐵道の公式WEBによると、
https://www.watetsu.com/event.php?EVENT_ID=696
「本商品のポイント
駅弁「やまと豚弁当」の豚肉を提供していただいている(株)フリーデンと連携して「わたらせ渓谷鐵道カレー」(群馬県産やまと豚使用レトルトカレー)を販売します。このカレーには、わ鐵写真コンテストの入賞作品から選んだ四季のポストカードが、1個に1枚ずつ入っていてお土産にも最適です(ポストカードは春・夏・秋・冬のどれか1枚が入っています。図柄は選べません)。
やまと豚のおいしいカレーを、ぜひご賞味ください。」
とのこと

レトルトパウチを開けてみると、大きくカットされたジャガイモがゴロゴロ
豚肉は2つ。公式WEBによると30ℊとの事。
食べてみると、お子様でも食べられる辛さを感じないカレーソース
昭和の時代に食べられていた家庭的なカレーソースという感じです。

販売者がフリーデンでしたので、豚肉が沢山と期待していた私にはちょっとがっかり
お土産用のカレーという感じでした。

画像

ポストカードは、春夏秋冬のポストカードが用意されているとの事
入っていたのは秋バージョンでした。
これからの季節、紅葉を見に、わたらせ渓谷鐵道の乗車も良いかもしれませんね。
画像

普段は、こんな感じのディーゼルカーが走っています

商品名 わたらせ渓谷鐵道カレー
販売者 フリーデン (神奈川県平塚市)
購入先  肉の駅ららん店(上信越自動車道 ハイウェイ・オアシスららん藤岡内)
価格   500円

楽天・アマゾン 扱いなし

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック