芦屋日記のビーフカレー

画像


画像


画像



単身赴任の寂しい夕食。
418食目のご当地レトルトカレーは、「芦屋日記のビーフカレー 」
兵庫県芦屋市にある、1986年創業のBar芦屋日記が、2年半の月日をかけてレシピを作成したカレー。
濃厚なルウと、香り豊かなスパイスをベースにした、こだわりの逸品との事。
レトルトパウチを開けてみると、香辛料の香りが
とろみのないカレーソース。
食べてみると、口の中に、スパイスが風味が残る。
具は、スライスされた牛肉が多数入っていました。
スパイスが独特の感じのカレーでした

商品名 芦屋日記のビーフカレー
販売者 味の坊 (大阪府大阪市西区)
製造所 キャニオンスパイス (大阪府泉南市)
購入先 ヤオコー
価格  358円




味の坊 芦屋日記のビーフカレー 200g
Sマート 楽天市場店
日本のBar文化は英国の影響が大きくあり、その考えでフードメニューには英国から伝わった「カレー」にこ


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック