越後湯沢の周辺の名産品が入った 「レルヒさんカレー 湯沢町編」

画像


画像


画像



単身赴任の寂しい夕食。
393食目のご当地レトルトカレーは、「レルヒさんカレー 湯沢町編」
新潟県のゆるキャラ 日本元祖スキー漢(おとこ)レルヒさん(日本に近代スキーを伝えた)のイラストが。

外箱の裏面の解説によると
13のスキー場をかかえるスキーのメッカとして、そして川端康成の小説「雪国」の舞台としても有名な魚沼郡湯沢町。湯沢町編レルヒさんカレーは、特産「越後もちぶた」と全国的にも有名な地元産の「まいたけ」と「エリンギ」を、南魚沼産米粉をベースにした黄色いカレーソースで煮込みました。隠し味には、地元白瀧酒造が誇る銘酒「上善如水」を使用。
ちょっぴりスパイシーで、ちょっぴり懐かしい、そんな味わいをお楽しみください。
との事。

レトルトパウチを開けてみると、昭和の時代の一般家庭で食べられていた様な、黄色のカレーソースが。
食べてみると、辛さはそれほどないカレーソース。
エリンギ、マイタケが大きなサイズで入っており、食べ応えありました。
豚肉は、ちょっと小さかったかなぁ
価格からすると、お土産品という感じの、ご当地カレーでした


商品名 レルヒさんカレー 湯沢町編
製造者 オリエンタル稲沢工場 (愛知県稲沢市)
販売者 新潟県観光物産 (新潟県新潟市江南区)
購入先 ぽんしゅ館越後湯沢店    (越後湯沢駅新幹線高架下)
価格  565円

ぽんしゅ館越後湯沢店、越後湯沢駅の改札を出て目の前です
新潟県内の各種ご当地レトルトカレーを販売していました

アマゾン・楽天 扱いなし

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック