青森りんごカレー 全都道府県のご当地カレー制覇のコメント付

画像


画像


画像


画像



単身赴任の寂しい夕食 70食目のご当地レトルトカレーは、「青森りんごカレー」。
青森産のりんごの果肉やペーストを使った、カレーです。
レトルトパウチを開けると、リンゴの香りが。
食べてみると、リンゴの甘さも感じますが、何かスパイスが効いていて、スパイスが口の中に残るカレーでした。
リンゴの果肉と思っていた塊は、ジャガイモだったのが、ちょっと残念です。

商品名 青森りんごカレー
販売者 ラグノオささき (青森県弘前市)
購入先 北野エース 亀戸店
価格  450円




【全都道府県のレトルトカレー制覇】
青森りんごカレーをもちまして、日本国内、全都道府県の各1食以上のレトルトカレーを制覇致しました。
全国各地、いろいろなご当地カレーがありますが、ビーフカレーが多いように思えました。

・ご当地カレー選択のポイント
食材にもよりますが、定価540円を超え、販売者が飲食店やホテル以外のご当地カレー、特にビーフカレーは、ハズレが多いように思えました。
地場の食材のお値段が高いのでしょうが、小ロット生産の為に、生産コストが反映されているのでしょう。
中にはネットで検索しても、これ、本当にご当地カレー?というのもありました。

・単身赴任生活で便利なご当地カレー
レトルトカレーで、レトルトご飯を用意すれば、夕食は完成。
日々残業で、職場とアパートの間にコンビニ程度のお店しかない、単身赴任の方には、お手軽に楽しめるグルメではと思います。
日々の変化点を楽しめます

・ご当地カレーの入手方法
まずは、ご当地カレーを多く扱っていそうなスーパー、イオン等で入手可能です。
ちょっと珍しい地域のご当地カレーは、高級食材スーパー 北野エースのカレーの本棚を利用しました。
首都圏の駅前立地のデパ地下等に入っています。
それでも手に入らない県は、アンテナショップを利用しました。

・一番入手困難だった自治体は
埼玉県が、一番、入手が困難でした。
北本トマトカレーは、売っているのを見かけましたが、私はトマトは苦手
となると、他のカレーを探しても無い状況
東京都内、日本橋の近くのナチュラルローソンが埼玉県のアンテナショップとの事で行ってみましたが、カレーの販売は無し
埼玉県のアンテナショップが大宮にあるのですが、何と、日曜日は休み。
お盆休みを利用して、大宮まで行ってアンテナショップで買ってきました。
アンテナショップには、2種類のご当地カレーしかない。
駅構内の北野エースで、花園黒豚カレーを販売しており、見つけたご当地カレーは3種類
(花園って、東大阪市の花園ラグビー場の花園と誤認しておりました。花園インターの花園でした)

・一番美味しかったのは
横須賀市の、ウッドアイランドの特製キーマカレー
また食べたいです
青森りんごカリー
お取り寄せスタジアム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 青森りんごカリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック